« ヘラクレス | トップページ | THE NEXT GENERATION パトレイバー/第7章 »

2014年11月17日 (月)

ドラキュラZero

Dracu01トランシルバニア君主ヴラド・ドラキュラ(ルーク・エヴァンス)が統治する国は栄え、人々は平和に暮らしていた。

だがある日、ヨーロッパ攻略を狙うオスマン帝国が、彼の息子を含む1,000人の少年の徴兵を要求してくる。

愛する妻(サラ・ガドン)や息子と国を守るため、ヴラドは大国相手に反旗を翻し、古代より伝わる絶対的な闇の力と契約を交わす。(作品情報より抜粋)

Drac02
本作で描かれるヘラクレスは生身の人間である。

伝説は彼の功績を脚色したものである。

それに彼はひとりではなく5人の仲間と行動している。

彼らはそれぞれに格闘能力に優れている。

ヘラクレスの12の功業は実は彼らのチーム力で生み出されたものである。それをさも最強の英雄がなしとげたかのように見せるのは、そのほうが彼らの仕事に都合がいいからだ。Drac03

 ヘラクレスの伝説が実は宣伝のために作られたフィクションというのは笑える。

映画はオリジナルの神話を加工して現代風のアクションに仕立て上げている。

神話世界の嘘を再構築し、運命は自分で切り開けるというメッセージはいかにもハリウッド好みのもの。とはいえまずまず楽しめる。


« ヘラクレス | トップページ | THE NEXT GENERATION パトレイバー/第7章 »