« エクソダス:神と王 | トップページ

2015年2月12日 (木)

ジョーカー・ゲーム

Joker01架空の第2世界大戦前夜。陸軍士官学校で学ぶ嘉藤(亀梨和也)は、規律に反したことで極刑に処されるところを、結城(伊勢谷友介)なる謎の男に救われる。

彼は諜報(ちょうほう)組織のD機関を設立した人物で、嘉藤の卓越した頭脳や身体能力を見込んでスカウトする。

数々の厳しいテストをクリアしてスパイとなった嘉藤は、人類の歴史を変えかねない発明について記された機密文書ブラックノート奪取を命じられる。

それを求めて魔のJoker02都と呼ばれる都市に潜入した彼の前に、リン(深田恭子)という女が出現し作品情報より抜粋)


伊勢谷友介演じる結城中佐の圧倒的格好良さ、亀梨和也演じる主人公のスタイリッシュさは見ていてとても楽しかった。深田恭子演じるヒロインもとてもセクシー。

屋上での逃走シーンやアクションシーンにこだわりを感じるものの、スパイ映画らしからぬ派手さが目立って、原作の秘密主義な雰囲気が全く感じられなかったことが残念。Joker03

スパイグッズが登場するのだが、グッズで盗撮した写真をもとに仲間が盗むならともかく主人公が侵入し盗むのなら抜群の記憶力を持つ主人公にそれは必要なのか?といまいち燃えない。

「死ぬな殺すな」というD機関の信条があるわりに、下手したら殺していたんじゃないかというシーンもいくつかあってスルーしづらい粗が目立つ。

情にもろいという主人公の設定が裏目に出てばかりなのも残念。

Joker04


キャストの演技は良かったがスパイといえばクール、完璧、隠密というイメージを持っている人には向かないかもしれない。


« エクソダス:神と王 | トップページ